2009年11月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:27 Nov 18 2009

新たな一歩を踏み出した中米関係

 中米両国の元首が17日、北京で再び握手を交わした。胡錦濤国家主席はオバマ大統領との共同記者会見で、「私とオバマ大統領は米新政権発足以来の中米関係の発展を積極的に評価し、戦略的・長期的視点を堅持し、対話・交流・協力を強化して、21世紀における積極的・協力的・包括的な中米関係の構築に共に努力することで一致した」と述べた。(人民日報海外版「望海楼」欄)

 オバマ政権発足後、中米関係は良いスタートを切り、穏やかな移行を果たした。両国は政治的相互信頼を不断に強化している。今回のオバマ訪中の最も重要な成果の1つは、双方が戦略的・長期的視点から中米関係を扱う意向を示したことだ。これは両国関係をさらに高いレベルへ引き上げるうえで必ずやプラスになるだろう。

 17日発表の「中米共同声明」も、この成果を十分に反映したものだった。中米戦略・経済対話の継続的推進や両軍交流の級別や頻度の引き上げも、世界経済・金融情勢への影響や地域・世界の重要問題も、中米関係の幅や深さがこれまでとは異なることを示している。

 中米関係のこの発展基調によって、両国は2国間関係に関わる決定において、より高い位置、より遠くを見渡す視点に立たねばならなくなっている。また、そうしなければ、中米関係の現実的意義や歴史的意義を十分に理解・認識し、さらにこれを踏まえたうえで2国間関係における問題をうまく処理することはできなくなっている。

 過去1年間の世界の金融危機対策において、国際社会は中米協力の意義がすでに2国間の範疇を遥かに超えていることをはっきりと目にした。G20の枠組みにおけるこの両大国の協調は、世界の金融危機対策に極めて重要な役割を果たした。多国間協力の場は中米両国に、より多くの協力の機会と余地を与えると同時に、一層の責任をも課した。

 中米間にはまだ波瀾や対立があり得るし、一層の調整も必要としている。この関係が安定して前進するには、なお1~2世代、さらには数世代の人々のたゆまぬ努力が必要だ。だが確かなのは、高い位置、遠くを見渡す視点に立ちさえすれば、中米は相互尊重・相互信頼という全く新たな協力モデルを切り開くことができるということだ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2009年11月18日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古