2009年11月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:41 Nov 19 2009

温家宝総理とオバマ米大統領が会談

 温家宝総理は18日、オバマ米大統領と釣魚台国賓館で会談した。

 温総理は冒頭、オバマ大統領の訪中に歓迎の意を表し、その成果には計り知れない意義があるとの認識を示した。

 温総理は「中国は中米関係を非常に重視している。安定した、協力的で、向上する中米関係は、両国のみならず世界にもプラスだ」と表明。「G2論」に賛成しない理由として(1)中国は多くの人口を擁する発展途上国であり、国家の現代化への道程はまだ遠い(2)中国は独立自主の平和外交政策を遂行しており、いかなる国や国家集団とも同盟を結ばない(3)中国は世界の問題は各国が共同で決定することを主張している。1つや2つの国で決められるものではない----を挙げた。

 温総理は「中国は貿易黒字を追求していない。米国が対中輸出規制を改め、ハイテク製品の輸出比率を引き上げるよう望む。両国はまた、エネルギー、環境保護、ハイテク分野の相互投資・協力を強化し、2国間貿易の均衡化を図るべきだ。活発な国際貿易・投資は、世界金融危機に対処し、世界経済の復興を加速させるうえでプラスだ。中米は保護貿易・投資主義に共同で反対しなければならない」と指摘した。

 オバマ大統領は「米中関係にはグローバルな意義がある。世界経済の回復促進、気候変動対策、アジア太平洋地域や世界の安全と平和の維持といった重大な問題において、米中協力は極めて重要だ。相互不信や誤解を捨て去り、対話や協力を強化して、米中関係の不断の前進を促さなければならない」と述べた。

 オバマ大統領はまた、経済成長、貧困撲滅に向けた中国政府の努力を称賛し、「中国の発展は世界にプラスだ」と述べた。

 オバマ大統領はさらに「米中は互いに重要な貿易パートナーであり、これは両国に多大な利益をもたらしている。保護貿易主義は双方にとってマイナスだ。米中経済貿易関係の安定した発展と互恵・ウィウィンの実現に尽力する」と表明した。

 双方は気候変動、朝鮮半島情勢、中東問題、ドーハ・ラウンドについても意見交換した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2009年11月19日

会談の様子
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古