2009年12月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:32 Dec 16 2009

習近平副主席が日本の明仁天皇と会見

東京の皇居で日本の明仁天皇と会見する習副主席

 習近平国家副主席は15日、日本の明仁天皇と東京の皇居で会見した。

 習副主席は明仁天皇に、胡錦濤主席からの心からの挨拶と祝意を伝えた上で、「胡錦濤主席は昨年5月に日本への公式訪問を成功裏に行い、中日関係を全面的に推進しました。陛下は一貫して中日関係を気遣ってこられました。1992年の中日国交正常化20周年の際、天皇皇后両陛下は初めて中国を訪問され、中国人民に素晴らしい印象を残され、中日友好往来史に重要な1ページを刻まれました。昨年の四川大地震の後の、陛下からの慰問電、日本政府・各界からの貴重な支援は、中国人民に対する陛下と日本人民の友好を形にするものでした」と述べた。

 習副主席はまた「私はこのたび、日本政府の招待を受けて訪問しました。中日友好協力をさらに促し、両国人民の友好感情を深めることが目的です。私は鳩山首相と成果に富む会談を行い、各界の人々と幅広く接触しました。さらに北九州も訪問します。この訪問を通じて、中日友好協力の促進に力を尽くしたいと思っています」と述べた。

 明仁天皇は胡主席からの挨拶と祝意に感謝した上で、「胡主席の昨年の訪日は非常に成功しました。習副主席の訪日によって日中友好関係は一層強化されるでしょう」と述べた。また、1992年の中国訪問を楽しげに思い起こし、「中国の人々から熱烈な歓迎を受けたことが、深く印象に残っています」と述べた。天皇は習副主席の訪日の成功を祈った。(編集NA)

 「人民網日本語版」2009年12月16日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古