2010年1月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:36 Jan 18 2010

再び揺れる日本の政界

 鳩山由紀夫内閣の発足からちょうど4カ月。日本の最大与党・民主党の小沢一郎幹事長の元秘書ら3人が15日と16日に東京地検に相次いで逮捕された。自民党など野党はすでに、小沢氏の政治資金問題を厳しく追及する姿勢を見せており、日本の政界はかつてよく見られた攻防戦を再び演じる様相だ。野党は予算案を人質に、先に疑惑の究明を行うことを要求。対する与党は、経済と国民生活を優先するとして、先に予算案の審議を行うとしている。双方共に譲らぬ中、国会は空転し、政局は揺れ始めている。

 鳩山首相は16日に小沢氏と会談した際、土地購入問題で検察と対決する小沢氏の姿勢に支持を表明し、「どうぞ戦ってください」と述べた。行政機関の長としての鳩山首相のこの発言を、野党は検察に圧力を加えるものと見なしている。自民党の大島理森幹事長は「鳩山首相が検察のやり方を批判する意味で言ったのか、小沢氏の前だから言ったのか分からない」と述べた。「鳩山氏は民主党の党首として幹事長に話したのであり、行政機関の長として話したのではない」と考える人もいる。鳩山首相は、18日に召集され、補正予算案や新年度予算案を話し合う通常国会で、この発言の真意について説明を求められる可能性が高い。

 現地のアナリストは「現在の状況は、与野党間の攻防戦に加え、与党と検察当局との全面対決の幕も切って落とされたことを示している。これまで日本の政界には見られなかった局面だ」と指摘する。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年1月18日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古