2010年1月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:13 Jan 19 2010

春暁ガス田の採掘について

 外交部の馬朝旭報道官が18日、春暁ガス田の採掘問題について記者の質問に答えた。

 ----報道によると、楊潔チ外交部長と日本の岡田克也外相との先日の会談で、日本側は早期の協定締結交渉入りを要求するとともに、中国側が単独で春暁ガス田の採掘を行うなど合意に反するようなことがあれば、日本としてしかるべき措置を取ると表明した。この会談について説明をいただきたい。

 楊部長は東中国海問題における中国側の立場を詳しく説明し、中国は春暁ガス田に主権を有していると強調した。原則合意は、日本側は中国の関連法に基づいて出資し、協力開発に参加することができると定めているが、これは共同開発とは本質的に区別される。中国側は東中国海における正当な権利を断固として守る。

 東中国海問題を慎重・適切に処理することは、中日関係と地域の安定の大局を守る上で重要な意義を持つ。双方は、東中国海問題について引き続き実務レベルの接触を保つことで合意した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年1月19日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古