2010年2月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:15 Feb 01 2010

李克強副総理がスイス企業を視察、多国籍企業経営者と面会

ABBグループのチューリッヒ工場を視察する李副総理

 スイス訪問中の李克強副総理は26日、ABBグループのチューリッヒ工場を見学し「多国籍企業は中国の外資導入における主導的な勢力だ。世界の上位500社のうち、すでに400社以上が中国で投資を行い、良い収益を上げている。ABBと中国の協力は、先端技術と市場ニーズの結合の特徴を存分に体現している。中国政府は多国籍企業によるハイエンド製造業、ハイテク産業、現代的サービス業、新エネルギー、省エネ、環境保護分野への投資を奨励する。多国籍企業による中国企業の改組改造・合併再編への参与、中国中西部への投資移転・強化、中国での研究機関や地域本部などの設置を奨励する。外資導入の方式を革新し、対外開放の水準を高めていく」と述べた。

 27日には、バード・ラガツでUBSのフィリガー会長、米シスコシステムズのチェンバース最高経営責任者(CEO)とそれぞれ面会。「中国企業と多国籍企業を含む各国企業との互恵・ウィンウィンの協力は、中国の対外開放の重要な側面だ。経済グローバル化の深いレベルでの発展にともない、中国の外資導入による競争優位は持続し、高まり続けていく。中国政府は引き続き欧米企業を含む各国企業のために、より良い投資・成長環境を提供していく」と表明した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年1月28日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古