2010年2月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:14 Feb 01 2010

李克強副総理がダボス会議で演説

 李克強副総理は28日、スイス・ダボスで開催中の世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)で演説し、包含的に協力し、未来を共に築き、世界経済の健全な回復と持続的発展を促すよう国際社会に呼びかけた。

 李副総理は中国の世界金融危機対策とその効果、今後の経済成長政策を説明。「世界金融危機によっても、中国の経済成長のファンダメンタルズや長期的なポジティブトレンドは変わらなかった。昨年、われわれは決意を固め、困難に立ち向かい、安定した比較的速い経済成長を維持した。今年の計画においても、複雑な局面を処理し、安定した比較的速い経済成長を引き続き維持する能力を備えている。将来を展望すれば、長期間にわたり安定した比較的速い経済成長を維持する条件を備えている。われわれは科学的発展観に基づき、経済成長パターンの根本的転換を加速し、経済構造の戦略的調整を強化し、内需拡大によって経済成長を牽引し、技術革新や省エネ・排出削減によって産業構造の改良・アップグレードを促進し、改革の深化と開放の拡大を堅持し、成長モデルの革新に力を入れなければならない」と述べた。

 また「過去1年余り、国際社会は一致協力して難局を乗り越え、金融危機対策において一応の成果を上げた。その貴重な経験の1つが、手を携えて協力し、共同で対処するということだ。これによって包含的協力の理念も発揚された。現代において各国の命運は緊密につながり合っている。より一層責任を担い合い、誠実に協力し、複雑に錯綜する環境の中で力を合わせ、互恵を実現すべきだ。より一層交流を強化し、包含性を提唱し、豊富で多彩な世界の中で小異を残し大同につき、共栄を実現すべきだ」と表明した。

 ダボス会議には30カ国余りの元首や首脳、40余りの国際機関の代表、2500人余りの企業経営者、経済学者、メディアのトップ、非政府組織の代表らが出席している。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年1月29日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古