2010年2月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:19 Feb 01 2010

横暴な冷戦思考

 米国政府は1月30日、中国側の強烈な反対と度重なる厳正な申し入れを無視し、総額64億ドル近い武器の台湾への売却を公然と発表した。米国務省高官はこの件に言及した際「台湾に必要な防御性武器を供与するとの約束を果たすもの」と発言。あるホワイトハウス高官は「中国はこの件で驚くべきでない」と発言。別の米高官は「以前からあった事で、いつも騒ぎは後に沈静化している」と軽々しく言ってのけた。

 中国の内政に粗暴に干渉し、中国の国家としての安全を深刻に損ない、中国平和統一の大業を損なう米側のこの挙動に、人々は強く憤慨している。冷戦は20年も前に終結しており、米国自身も冷戦思考との決別を再三宣言しておきながら、台湾への武器売却を発表したことで、その横暴な冷戦思考と完全な道義的偽りが再び明らかとなった。これを「驚かず」にいられようか?

 米国が台湾への武器売却の根拠とする「台湾関係法」自体が、冷戦思考の産物だ。米政府は今日に至るまで、台湾への武器売却を段階的に減らし、かつ一定期間を経た後に最終的に解決するとの自らの約束を履行していないばかりか、その反対にますます横暴性を顕わにしている。周知のように最近両岸関係は顕著な改善・発展を遂げていたというのに、米政府のやることなすことによって、無理矢理緊張情勢がつくり出された。結局、米国は今なおイデオロギーによって境界線を引いており、あらゆる手段を講じて中国の発展や進歩を防ぎ、抑え込もうとしているのだ。

 経済のグローバル化が急速に進行し、中米の利益が融合を続ける中、米政府は中米関係の大局を無視し、冷戦思考にとらわれ、軍需産業利益集団の圧力に屈して、台湾への武器売却という決定を行った。これは悲しむべき戦略的近視眼だ。中米関係への重大な妨げとなったし、多くの重要分野における両国の交流・協力にも間違いなく深刻なマイナス影響をもたらすだろう。

 過去1年来、米政権は一連の重大な国際問題において「チェンジ」の姿勢を示してきたが、台湾への武器売却はこうした姿勢と逆行するものだ。中国の主権と領土保全を尊重すると言っておきながら、武器売却によって誤ったシグナルを送る。両岸関係の平和発展を支持すると喚いておきながら、台湾海峡地域に新たな不安定をつくり出す。こうした様々な事が、典型的な米国の道義的偽りでないわけがあるまい。

 中国外交部はすでに「米側による台湾への武器売却によって中米関係はすでに深刻に損なわれた。このため中国側は中米両軍の一部交流事業の延期、近く実施予定だった戦略安全・軍備抑制・不拡散に関する中米次官級協議の延期を決定した。台湾への武器売却に参与する米企業に対しても制裁を実施する」と表明した。米政府は状況をはっきりと認識し、誤った決定を早急に撤回しなければならない。ひたすら冷戦思考に固執し、中国の核心的利益や重大な懸念を顧みないのなら、米国は中米関係の発展をさらに害し、世界平和の事業を破壊し、終いには自らその報いを受けるばかりになるだろう。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年2月1日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古