2010年2月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:54 Feb 11 2010

日本が岩を「島」に 公海を「領海」にする意図か



 南太平洋のある小さな場所を見てみよう。この場所はわずか10平方メートルしかなく、6つの岩で構成されている。最大の岩もベッドのマットレスほどの大きさだ。いつ沈んでもおかしくないこの南太平洋の小さな岩が最近、日本の新法案に取り上げられた。

 日本は9日に新しい法案を通過させたが、同法案の通過により、日本は沖ノ鳥岩(日本名:沖ノ鳥島)をその排他的経済水域の基準点とし、この小さな岩を取り巻いて12カイリの領海と200カイリの排他的経済水域を得ることになる。これにより日本は何もしないで42万平方キロという海洋の国土面積を増やすことになる。この問題に対して中国は、日本が沖ノ鳥岩(日本名:沖ノ鳥島)を基準点にして広い面積の管轄海域を主張することは、国際社会全体の利益を深刻に損なうものだと考えている。(編集YH)

 「人民網日本語版」2010年2月11日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古