2010年3月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:26 Mar 05 2010

李報道官「中国と西側諸国との誤解」は杞憂にすぎない

 第11期全国人民代表大会第3回会議の記者会見が4日午前、人民大会堂3階の金色大庁で行われた。会議の議事日程や全人代の業務に関連する問題について、李肇星報道官が国内外の記者からの質問に答えた。

 フランス「Lepoint」誌記者:現在、中国と西側諸国との間で、誤解が深まっているようです。主な問題は、いわゆる3つの「T」に関わる問題、つまり貿易問題、台湾問題、チベット問題です。これら3つの分野以外にも誤解が存在しているようです。このような現象は、中国、西側諸国、世界全体の未来にとっても、憂慮すべき問題です。中国は、上海で行われる万博をきっかけにして、新たな意思疎通を行っていく考えでしょうか?意思疎通の目的は何でしょうか?

 李肇星報道官:長い文化的伝統を持つ国・フランスの記者から、このような重要な問題を提起していただき、大変感謝いたします。

 中国も長い文化の歴史を持つ国です。いつのことかは、覚えていませんが、とてもとても大昔に、「天が落ちてくるのではないか」と心配して、夜も眠れず食事もとれず、いろいろと気をもんでいた人がいました。このことは中国の成語「杞人憂天(いらぬ心配、杞憂)」の語源となっています。
私の個人的な意見としては、あなたのおっしゃる3つの「T」の問題は心配するに値しないし、心配する理由も無いと思います。私たちがやらなければならないのは、「国連憲章」の原則に従って、主権国家間で尊重し合い、互いに内政に干渉しないということです。世界貿易機関(WTO)の規則に従い、貿易面で公平、合理性、平等、相互利益を堅持することです。ですから、これらの問題は解決に難くなく、心配するに値しません。(編集SN)

 「人民網日本語版」2010年3月4日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古