2010年3月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:25 Mar 08 2010

楊外交部長「2010年、サミット外交と万博外交が重点」

 第11期全国人民代表大会(全人代)第3回会議の記者会見が7日午前、人民大会堂で行われた。楊潔チ外交部長が中国の外交政策および対外関係について、国内外の記者からの質問に答えた。

 中国新聞社記者: 2010年は21世紀の新たな10年の始まりです。楊外交部長は、ここ10年の国際情勢の変化および中国の外交をどうのように捉えられていますか。また、今年の外交活動の重点と目玉は何でしょうか。合わせて、今後の見通しもお聞かせ願えればと思います。

 楊外交部長:この10年は危機と改革の10年であり、協力と発展の10年でもありました。そして、中国の外交事業が盛んだった10年でもあります。とりわけ、ここ数年は、北京オリンピックを成功させ、国際金融危機や気候変動への対応などで重要かつ建設的な役割を果たしてきました。そのため、中国は世界からさらに注目されており、国際社会における中国の建設的な役割がより重視されるようになっています。

 2010年は金融危機対策への対応を継続し、世界経済の回復を促す上で重要な1年です。これからも国の主権と安全、発展の利益を断固として守り、全方位の外交を推進します。今年は「サミット外交(サミットを通じて外交活動を展開)」と「万博外交(上海万博を通じて外交活動を展開)」を重点的に展開します。それとともに、国の安定の維持と発展の促進、構造調整に向けてより良い外部環境を整えます。中国は発展途上の大国であり、未曾有のチャンスとともに、多くの課題も抱えています。経済の発展と国力の上昇にともない、中国はできる限り、世界と地域の平和と安定、そして発展のために、更なる貢献を行っていきます。(編集YT)

 「人民網日本語版」2010年3月8日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古