2010年3月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:42 Mar 18 2010

日本外相「有事の米軍による核持ち込みを排除せず」

 日本の岡田克也外相は17日の衆院外務委員会で、有事の際に日本の安全を確保するため、米軍による核持ち込みを容認する可能性を排除しない考えを表明した。岡田外相は「非核三原則は堅持するが、米軍の核搭載艦船の一時寄港を認めなければ日本の安全を保障できない場合、政府は決断を下し、国民に説明すべきだ」と述べた。

 共同通信は、日米両政府が今月末にカナダで開かれるG8外相会議で、岡田外相とクリントン国務長官の会談を予定していることを指摘。岡田外相の今回の発言には、米軍の抑止力を確保すると同時に、「米国の核政策に干渉しないという従来の日本政府の立場を踏襲する姿勢を示すことで、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題や『同盟深化』の協議進展に向けた環境整備につなげたい思惑もあるとみられる」と報じている。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年3月18日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古