2010年3月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:01 Mar 22 2010

日米密約の重要資料、半数が紛失


 日本の東郷和彦元外相はこのほど、日米核密約の重要資料が紛失しており、故意に破棄した疑いがあることを認めた。東郷元外相は1998年から1999年まで外務省条約局の局長をつとめており、最重要資料16点を含む58点の関連文書がかつて存在したが、半数の資料は紛失していることを明らかにした。日本政府は長期間にわたり、同資料の存在を否定してきたが、民主党が自民党に変わって政権を握った後、密約の調査がスタートした。(編集SN)

 「人民網日本語版」2010年3月22日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古