2010年3月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:22 Mar 29 2010

チベット自治区主席、ダライ・ラマ一派を批判

 3月28日は、『チベット百万農奴解放記念日』となっている。それに向けて、チベット自治区政府のパドマ・チョリン主席は、27日テレビ演説を行い、「ダライ・ラマ一派が政教一致の封建農奴制度を復活させようとしているのは、人類文明の進歩を公然と踏みにじる行為だ」と強調した。

 パドマ・チョリン主席は、演説の中で、「51年前の3月28日、中国共産党が農奴の解放を核心的目標として推進した民主改革運動は、崇高にして正義の運動だった。51年間にわたって、チベットの各事業は大きな成果を収めた」と語った。

 パドマ・チョリン主席は、「封建奴隷主を代表するダライ・ラマ一派は、長い間分裂活動を続け、あらゆる手段を尽くしチベットの進歩を阻止している」と述べ、「チベットは中華民族の大家族内の身内であり、チベット各民族のものでもある。チベット独立を企み、中国から分裂させようとするいかなる陰謀も失敗に終わるだろう」と強調した。

 「中国国際放送局 日本語部」2010年3月28日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古