2010年3月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:11 Mar 29 2010

1959年3月28日、世界人権史上の記念碑

 1959年3月28日、中国政府は旧チベット地方政府を解散する命令を発した。この時以来、チベット百万農奴の暗黒生活は、民主改革のラッパの音と共に終結し、高原の大地は人民が主人公となる新時代を迎えた。3月28日は、チベット新生の分水嶺であり、世界人権史上に高く聳える記念碑でもあるのだ!(人民日報海外版「望海楼」欄)

 1959年の民主改革まで、チベットは長年政教一致、僧侶・貴族専政の封建農奴制社会におかれ、農奴主が地方政権を掌握し、無数の農奴には些かの政治的権利もなかったことを我々は知っている。人口のわずか5%足らずの農奴主が全ての生産資材を独占し、その刑罰には目をえぐる、鼻を削ぐ、手を切断する、足を切断する、腱を抜き取る、水に投じるなど、ショッキングなものもあった。農奴の命はわら縄1本の価値しかなく、意のままに売買され、譲渡され、贈呈され、借金の弁済に当てられ、交換された。50数年前のチベットは決して「シャングリラ」などではなく、ヨーロッパ中世にも増して暗黒で、残酷で、野蛮で、立ち後れた政教一致の封建農奴制社会だったのだ......

 2009年1月19日、チベット自治区の第9期人民代表大会第2回会議は、チベット280数万の各族人民の強烈な声と求めに応じて、毎年3月28日を「チベット百万農奴解放記念日」とすることを決定した。

 3月28日を「チベット百万農奴解放記念日」として確定することは、チベット人民の政治生活における重大な出来事である。当時、反乱の平定と民主改革の進行に伴い、チベットには政権の性質、所有制、人身の地位、経済の地位、法律の地位、宗教・信仰、教育の権利など各面で偉大な転換が発生したのだ!こうした偉大な転換によって、チベット人口の95%を占める農奴と奴隷の人権を持たぬ歴史に終止符が打たれ、無数の農奴と奴隷は徹底的に解放され、自らが主人となったのだ。

 しかし、歴史的意義を持つこの記念日に対して、ダライ(ダライ・ラマ14世)集団および西側の少なからぬ国々は構って欲しいのか、これを機とばかりに中国政府を攻撃している。米国メディアは異常な情熱を示し、チベットで強制的な措置を執行し、チベットの地方文化・文明・言語を破壊し、ダライ・ラマに忠誠を誓う人々を迫害していると中国中央政府を中傷している。だが、チベットの歴史について少しでも常識のある人なら誰しも、これが完全な白黒転倒であることを見抜くことができる。周知の通り、政教一致の封建農奴制度は、社会生産力の発展を著しく束縛する。西ヨーロッパでは、この制度はとうに数百年前に人々から唾棄された。今日、チベット人民は改革開放の中で進歩と幸福を得ている。経済・社会は並々ならぬ発展を遂げ、実り多く、人民の生活は根本的に変化した。これらは誰の目にも明らかだ。ダライ集団が百万農奴解放記念日の制定に反対するのは、民主改革が彼らから雲高き統治地位を奪ったからであり、彼らが今なお旧制度に対して幻想や未練を抱いていることを示している。

 チベットの平和と安定、繁栄と発展は苦難を経てようやく手に入れたものなのだ!われわれはこれを共に大切にしよう。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年3月29日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古