2010年4月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:49 Apr 12 2010

福田康夫氏がボアオ・アジア・フォーラム新理事長に

 海南省博鰲(ボアオ)市で3日にわたり行われていたボアオ・アジア・フォーラムの年次総会は11日夕方、全ての日程を終えて閉幕した。

 今年は「緑の回復:アジアの持続可能な発展に向けた現実的な選択」をテーマに、32カ国・地域の政府要人、企業代表、専門家ら2000人余りが出席し、「エコ成長時代の企業の経営戦略と実践」「経済モデルの転換における資本市場の位置づけ」「アジアがリードする世界のチャンス」「アジア金融協力の革新的構想」などを話し合った。また、規約を改正して理事会の任期制を導入。ラモス理事長、龍永図事務局長が退任し、日本の福田康夫元首相が新理事長、中国の周文重元駐米大使が新事務局長に就任した。新たに選出された9人の理事のうち、3人はロシア、米国、フランスの元政府要人だ。

 ボアオ・アジア・フォーラムは2001年に発足。非政府、非営利の国際組織として、アジアおよびその他の地域の政界、商工業界、学術界のリーダーがアジアや世界の重要な問題について話し合う場となっている。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年4月12日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古