2010年4月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:03 Apr 28 2010

全国労働模範表彰大会が盛大に開催 胡錦濤主席が演説

全国労働模範や全国先進工作者に栄誉証書を授与する胡錦濤主席ら党と国家の指導者

 メーデーを前に、2010年度「全国労働模範(模範労働者)および先進工作者(先進的労働者)表彰大会」が27日午前に北京の人民大会堂で盛大に催された。

 大会では胡錦涛国家主席(中共中央総書記・中央軍事委員会主席)が重要な演説を発表。「小康社会(ややゆとりのある社会)を全面的に建設し、基本的な現代化を達成するという雄大な目標を実現するには、人民全体が労働を愛し、勤勉に労働することが必須だ。社会全体が労働を尊重し、労働を保護することが必須だ。誠実な労働によってすばらしい生活を築くことを、億万の人民が共同で追い求めるようにすることが必須だ。私たちは社会全体において労働模範精神を大々的に発揚し、労働模範の先進的な業績によって人民群衆を感化し、労働模範の優れた品性によって社会風潮を導かなければならない。社会全体において労働模範を崇め尊び、労働模範に学び、労働模範になるべく競い合い、労働模範に配慮する良好な雰囲気の醸成をさらに進めなければならない」と強調した。

 また、張徳江副総理(中共中央政治局委員)が「全国労働模範および先進工作者の表彰に関する国務院の決定」を読み上げ、「2005年の全国労働模範および先進工作者表彰大会以来、小康社会の全面的な建設と社会主義現代化の加速という偉大な実践の中で著しい業績を上げた先進的模範人物が各業界で多数現われてきている。このため国務院は、2115人に全国労働模範の栄誉称号を、870人に全国先進工作者の栄誉称号を授与することを決定した」と指摘した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年4月28日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古