2010年5月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:55 May 27 2010

国際関係史の新たな1ページとなる中米戦略・経済対話

 第2回中米戦略・経済対話が5月24日-25日に北京で行われた。中米関係に一時波瀾が生じ、景気回復がいまだ世界の中心的話題となっている中、今回の中米対話が特別な意味を持つことは間違いない。中米双方は何を話し合うのか。米国がこれほどの大規模な代表団を派遣したのはなぜか。双方はどの方面で成果を挙げられるか。これらはどれも各方面で注目されていることだ。

 国家発展改革委員会対外経済研究所の張燕生所長は、「今回、米国は対話に200人以上の代表団を派遣し、第2回中米戦略・経済対話に出席した両国の閣僚級以上の官僚は合わせて50-60人になった。これは中米両国が今回の対話を非常に重視していることを意味している。今回の中米戦略・経済対話は国際関係史の新たな1ページを開いた」と語った。

 「実務訪問で、米国がフランスやイギリス、カナダなどと行ったような話し合いをしたことはなかった。中国もその他の国とこれほど大規模な交流を行ったことはなかった。互いにイデオロギーは異なるが、親しみのある実務関係を築くことができる。中米のこのような対話メカニズムが長期化すれば、中米はウィンウィンの協力関係を構築することができるだろう」と、中国中央電視台(CCTV)の番組『環球視線』の孫哲特約評論家は話す。

 今回の中米戦略・経済対話について、ガイトナー財務長官は「私たちのやり方は『風雨同舟(力を合わせて困難に打ち勝つ)』という中国の成語を反映したもの。私たちが危険な目に遭ったときは助け合い、国民が利益を得れば全世界がよくなるというやり方だ」と述べている。

 ヒラリー・クリントン国務長官は次のように話す。中国には「道は違っても着くところは同じ」ということわざがある。米国と中国の歴史は異なるが、共通した目標と責任を持っている。ここに今回の対話の意義がある。

 戴秉国国務委員は第2回中米戦略・経済対話の開幕式で挨拶した際、「中米関係の発展に関心を持ち、力を入れる人が中米両国からこれほど多く集まり、両国関係の戦略的、長期的、全面的な重要問題について率直に対話を行う。これ自体も国と国の関係において初めての試みだ。新しい中米のパートナー関係を開拓することは国際関係史上の前例のないこと。前進する過程で順風満帆、困難がないことを想像してはいけない。しかし実践から、これは歩まなければならない道で、結果にたどり着くことのできる道でもあることが示されている。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2010年5月26日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古