2010年6月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:24 Jun 04 2010

日本の新首相が今日選出 菅氏と樽床氏の一騎打ち

 【特集】鳩山首相が辞職 新内閣誕生へ

 鳩山由紀夫首相の2日の辞意表明を受け、民主党は3日、党代表選と新首相選出の日程を発表した。4日午前の民主党衆参両院議員総会で2人以上の立候補者が出た場合、各候補者の演説と民主党議員による投票を経て新代表を選出する。同日午後の衆参両院首相指名選挙で新首相を選出し、夕方にも新内閣を組閣。その後、皇居で新閣僚の認証式を行う。新党首、新首相、新内閣が1日で決まるのは日本でも珍しい。

 3日夜の段階で、党代表選への出馬を表明しているのは2人。菅直人副総理兼財務相(63)と樽床伸二衆院環境委員長(50)だ。党代表選への出馬には国会議員20人以上の推薦が必要。管氏は自身の派閥が約40人いるため、すでにこの条件を満たしている。樽床氏も3日午後に開いた集まりに30人余りが参加しており、必要な人数を確保している。両人の対決構図はすでに整った。日本メディアの多くは、鍵を握るのは150人を擁する派閥、つまり党内最大勢力のリーダーである小沢一郎氏の可能性が極めて高いと見ている。新内閣発足後も必要な影響力を維持するため、小沢氏は自らへの態度を見てから、誰を推すか決定するはずだ。

 日本メディアは両候補者の知名度や政治資格・経歴について「管氏は市民運動から政界に身を投じ、鋭い舌鋒で名を馳せた。橋本内閣では厚生大臣を務め、1996年に鳩山氏と共に民主党を結党した」「樽床氏は大阪出身で、政治家の揺りかごと称される松下政経塾から政治の道に入った。党内では若手のまとめ役として非常に人望がある。これまでは国会対策など裏方の仕事が多く、表舞台での手腕は未知数」としている。

 最近の日本の歴代首相は世襲議員で占められてきたが、管氏も樽床氏も一般家庭の出身。どちらが当選しても、村山富市氏以来14年ぶりの「非世襲」首相の誕生となる。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年6月4日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古