2010年6月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:34 Jun 07 2010

菅直人首相が近く訪中、駐中国大使に民間人

 日本の菅直人新首相が12日に訪中することが決まった。鳩山前首相が辞任前、上海万博の「ジャパンデー」に出席する意向を温家宝総理に伝えており、この外交日程を踏襲する。北京も訪問し、胡錦濤国家主席と会談すると見られるが、具体的な日程は調整中。菅首相は初の外遊先に中国を選んだ。日本メディアが伝えた。

 別の報道によると、菅首相は5日、次期駐中国大使に伊藤忠商事相談役の丹羽宇一郎氏を起用する意向を固めた。これまで日本の主要国の大使はいずれも外務省出身で、民間人の起用は異例。菅氏は早くから民間人の起用を主張してきた。菅氏は日米同盟を基軸にすると同時に日中関係を重視する外交方針を示しており、今回の人事はこの路線を反映したもの。

 丹羽氏は海外勤務経験が長く、中国など各国の情勢にも通じている。愛知県出身で、名古屋大学法学部を卒業後、伊藤忠商事に入社。1998年に社長、2004年に会長、2010年に相談役に就任した。現在71歳。

 新華網の報道によると、中国側は新首相訪中の申し入れをまだ受け取っていないという。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年6月7日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古