2010年7月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:55 Jul 07 2010

菅直人新首相が就任、新内閣は「脱小沢」

 日本の民主党は7日午後に両院議員総会を開き、菅直人代表をトップとする新執行部を決定。幹事長に枝野幸男氏、政調会長に玄葉光一郎氏、国会対策委員長に樽床伸二氏が就任した。総会には小沢前幹事長ら数人を除く、ほとんどの民主党議員が出席した。「広州日報」が伝えた。

 共同通信は「菅直人体制」は「脱小沢」の姿勢が鮮明だと指摘する。玄葉氏など小沢氏と距離を置く議員が党要職に多く就いているからだ。枝野氏は小沢氏の「金権政治」を党内で直接批判してすらいる。仙谷由人氏も小沢氏の政治献金スキャンダルを批判したことで有名だ。仙石氏は内閣官房長官に就任する。政府報道官に相当する内閣の「女房役」だ。

 民主党内での小沢氏の勢力は小さくないが、政治献金スキャンダルで悪いイメージがつきまとい、民主党の支持率の足を引っ張ってきた。小沢氏はすでに幹事長を辞任している。

 小沢氏との関係が深い、元老級の輿石東参院議員会長は留任。輿石氏は「脱小沢」人事について「菅氏は新たしいカラーを出し、国民の期待に応えられる布陣を素早くつくろうとしている。小沢抜きとかそうでないとか、その言い方自体がおかしい」と述べた。

 菅新内閣は8日に発足する。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年6月8日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古