2010年7月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:56 Jul 07 2010

久々の冷戦の臭い

 米司法省がロシア「情報網」を摘発したと発表すると、米国民は一様に驚きに包まれた。米メディアの中には事件を「古風な冷戦スリラー映画」と表現するものもあった。実際には、たとえ冷戦中でも、これほど大規模なスパイ摘発は滅多になかった。現在のところ米政府は事件と米ロ関係との関連について固く口をつぐんでいる。米国務院報道官は問題を司法省に押しつけた。

 米メディアの報道姿勢はさておき、事件摘発のタイミングには確かに考えさせられるものがある。先日ロシアのメドベージェフ大統領が訪米した際には、オバマ大統領の招待でワシントン近郊の小さな店でハンバーガーまで共にしていたからだ。この時の表面上のリラックスした様子、のんびりした様子と、その数日後の「スパイ団」の冷酷な摘発とは、極めて強烈なコントラストをなす。

 実はこのコントラストは、角度が異なるだけで、まさに現在の米ロ関係の真の姿なのだ。米国は自らのグローバルな利益に立てば、対ロ関係を「リセット」する必要があった。同様の理由から、米国はロシアに対する警戒、防備、封じ込め、抑圧も放棄していない。米ロ間の表面上の笑顔は、締めつけと反締めつけの暗闘を隠しきれない。今回の大規模なスパイ事件に、人々は久々に冷戦の臭いを嗅ぎつけた。言い換えるなら、米ロ冷戦はある面、ある程度において、まだ終結していなかったのだ。事件のタイミングの微妙さは、かえってこの事実をよりはっきりと世界の人々に認識させるものだ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年6月30日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古