2010年7月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:52 Jul 07 2010

再起への布石を打つ小沢氏

 参議院選挙の投開票日まで4日であと1週間。選挙戦は日に日に白熱化している。民主党代表である菅直人首相の頭痛の種は、小沢一郎前幹事長が連日来、公の場で党執行部をしきりに批判し、対立姿勢を見せていることだ。小沢氏は選挙後の政局と9月の党代表選挙を睨み、入念に再起への布石を打っていると日本メディアは分析する。「北京晩報」が伝えた。

 ここ1週間、消費税税率の引き上げや衆院選マニフェストの修正について、小沢氏が党執行部を批判しているというニュースをほぼ毎日のように目にする。6月24日の公示以来、小沢氏は意識的に離島や山間部を1人で回り、ビールケースの上に立ってマイクを使わずに演説し、庶民主義のカラーをアピールしている。小沢氏は今月4日までに11府県を回った。11日の投開票までに静岡県なども訪問する考えだ。また、自分の気に入った候補者にはよく電話で激励し、選挙戦術を伝授している。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年7月6日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古