2010年7月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:18 Jul 13 2010

中米日の東アジアでの新たな駆け引きがスタート

 11日の香港誌『アジア週刊』のウェブサイトは、中国と米日との新たな駆け引きが激しくなり、アジア太平洋地域での軍事情勢が急変していると伝えた。

 中国海軍は最近、東中国海で大がかりな実弾射撃演習を実施し、ミサイル駆逐艦が再び沖縄の「第一列島線」を突破したほか、戦闘機「殲10」も日本本島に近づいて「試験飛行」を行っている。これに対して米国も弱みを見せず、米軍第7艦隊の原子力潜水艦「ミシガン」「オハイオ」「フロリダ」が先週、アジアの重要な軍事基地である釜山、フィリピンのスービック湾、インド洋のディエゴガルシアにそれぞれ時を同じくして姿を現したあと、米国の原子力空母「ジョージ・ワシントン」が再度、日本の横須賀港に引き返して、黄海での米韓合同軍事演習に参加するという。

 同時に日本も防空識別圏の管理権を台湾海峡まで拡大し、与那国島の駐屯を加速している。中米日が頻繁に駆け引きして腕前を比べる中で、いったいどんな巧妙な手段が潜んでいるのかに注目が集まっている。

 中国海軍は6月30日から7月5日まで、浙江省舟山市から台州市の東側までの東中国海の海域で実弾射撃訓練を実施した。一部のメディアは「黄海での米韓合同軍事演習の抑止を目指すものだ」と報道したが、戦術面から見てこれは、米韓合同軍事演習への対抗やそれを抑止する軍事演習とはいえない。

 しかしこうした中国の意気盛んな様子は、かえって韓国との合同軍事演習を最後までやらなければならないと米国を刺激している。「ジョージ・ワシントン」が3日に突然、横須賀港に引き返したのは明らかなシグナルだ。「ジョージ・ワシントン」はもともとアジア太平洋海域で、1カ月半にわたるパトロール防衛任務を執行する計画だったが、3週間も経たないうちに横須賀に寄港した。軍の関係者によると、黄海での米韓合同対潜水軍事演習への参加準備がその直接的な理由だという。

 「中国の最も敏感な場所」と言われる黄海は、環渤海経済圏に臨む中国の「北京・天津の門戸」というだけでなく、その沿海地域には中国の重要な海軍基地と空軍基地が配置されている。これほど重要な地域で作戦半径と偵察半径が1000キロを超える「ジョージ・ワシントン」が演習を実施すると、自らの手のひらを見るように中国を伺い知ることができるだろう。

 日本の自衛隊関係者は「中国解放軍の馬暁天副総参謀長も『ジョージ・ワシントン』の黄海演習には強く反対しているが、米軍が空母を派遣する演習はどうしても行われなければならない。米韓は軍事演習の具体的な場所をまだ発表していないが、韓国西部の黄海の外側の公海で行う可能性が大きい。もし中国が韓国の哨戒船『天安』号の沈没事件やその他の面で譲歩すれば、米国は演習の規模を縮小するという理由で、空母の派遣を変更する可能性があるかもしれない」と話す。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2010年7月13日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古