2010年7月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:38 Jul 14 2010

都民の100人に1人が中国人 日本のネット民が拒否反応

 日本の華字誌「中文導報」はこのほど、東京都在住の中国人の数が2007年、13万人を超え、統計によると東京都民の100人に1人が中国人という計算になると報じた。さらに2007年以来、東京在住の中国人は毎年約1万人ずつ増加しており、このまま増えつづければ、2015年には20万人を上回る見通しだという。これについて日本のネットユーザーは「東京が乗っ取られる」と抵抗感をあらわにしている。環境時報のウェブサイト「環球網」が伝えた。

 東京在住の中国人の数が急増している状況に対して、日本のネットユーザーは懸念を示している。「もう実質植民地。併合されてるんですよ」「完全に植民地にするつもりだよ」「乗っ取られるのも時間の問題」「都内で電車に乗ると必ず中国語が聞こえてくる。やっぱり増えてるよな」「これが中国の新植民地主義か」などの書き込みがあった。なかには「民主党が中国にビザ緩和してたよ。4億人くらいだっけ」と中国人が増えた原因を民主党政権が行ったビザ発給要件の緩和と結びつける声もあった。

 このほか「低所得の肉体労働者が留学という名目で中国から日本に押し寄せている」とし、「中国人は教養がなく危険」と非難するユーザーもいた。ひいては「強制送還しろよ」と公然と呼びかける過激な発言も見られた。一方で「北京、南京、西安は全部中国にあるのに東京だけ日本にあるのはおかしいだろ。もう中国にあげちゃえよ」と冷めた態度のユーザーもいた。(編集YT)

 「人民網日本語版」2010年7月14日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古