2010年7月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:17 Jul 26 2010

日米が迎撃ミサイルの第三国輸出を容認

 日米両政府は双方の共同開発した海上配備型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の第三国への供与を容認した。日本メディアが伝えた。

 迎撃ミサイルの共同開発・生産で、日本政府は2005年、対米供与のみを容認した。だがこれに先立ち日本政府高官は談話で、第三国への供与について、日米安保体制の効果的な運用と日本の安全保障に寄与するとの観点から、「厳格な管理を行う前提で、このやり方は『武器輸出三原則』に違反しない」と述べていた。

 米側は最近、2018年からの輸出を計画していると日本側に伝え、契約に向けた準備を整えるよう求めた。「SM3ブロック2A」は海上配備型だが、陸上配備型にも転用できるという。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年7月26日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古