2010年7月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:16 Jul 26 2010

日本の新駐中国大使「中国ではグローバルな視野で」

中日自由貿易協定(FTA)の早急な締結を望む

 「中日間で野球の試合をしたり、相撲の中国公演を行うことを考えている。日本の茶道や舞踊、アニメや漫画も中国に紹介したい」----。日本の丹羽宇一郎・新駐中国大使は23日の記者会見で「今まで以上に中国と草の根レベルの接触をし、農村をたくさん訪れ、青少年とたくさん交流し、彼らに日本を紹介したい」と述べた。「中国新聞網」が伝えた。

 丹羽大使は着任後の最も吃緊の課題として、両国民間の交流や相互信頼の深化、民間が歓迎する形での中日交流の実施を挙げた。たとえば上海万博開幕式で日本の歌手・谷村新司氏が「昴」1曲で、多くの中国人の心をつかんだようなことだという。

 経済界出身の丹羽大使は、中日自由貿易協定(FTA)の早急な締結を望むと表明。「中国の経済力は日増しに高まっている。日本経済は中国なしにやっていけない。しかも中国の経済発展は隣国の日本だけでなく、世界にも影響を与える。経済発展での協力は中日双方にとって有益だ」と指摘した。

 丹羽大使はまた、両国首脳間の長期的な信頼関係の構築を望むと表明。「日本のリーダーは頻繁に代わりすぎる。これでは約束が実行されず、信頼関係は築きにくい」と率直に指摘した。

 外交官以外の大使起用は日本では極めて異例。これについて丹羽大使は「今回の政府の今決定は専門の外交官が良くないということでは決してなく、中国で仕事をするにはグローバルな視野を持ち、経済交流に着眼しなければないことが明らかだからだ」と述べた。

 丹羽大使は31日に中国へ向かう。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年7月26日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古