2010年7月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:23 Jul 27 2010

中国、黄海に米空母の進入禁止ライン

 7月26日付の『環球時報』によると、朝鮮は前例にない核報復を警告したが、米韓は25日、34年で最大規模となる共同軍事演習を予定通り朝鮮半島の東部海域(日本海)で開始した。巨大な空中・海上戦闘行動により、不安定な朝鮮半島の情勢はさらに緊迫化した。中国は米空母の黄海への進入を防ぐための境界線を引いたと見られている。ある軍事専門家は25日、演習が次の段階に入るに伴い、中米のこの地域での争いが徐々に始まると述べた。

 韓国の聯合通信は、米韓聯合司令部の話として、25日7時に米原子力空母「ジョージ・ワシントン」は韓国南部の釜山港を離れ東部海域での演習に向かい、米韓共同軍事演習が正式に開始したことを伝えた。米韓の陸・海・空軍の軍人800人あまり、軍艦20隻、戦闘機200機が4日間の米韓共同演習「不屈の意志」に参加する。聯合通信によると、演習に参加する戦闘機「F-22ラプター」は離陸から30分内に朝鮮の寧辺核施設を攻撃でき、1時間内に朝鮮全域で任務を執行できる。米空母「ジョージ・ワシントン」の艦載機の攻撃半径は1000キロメートルに達するという。

 『ニューヨーク・タイムズ』は25日、米国に対し中国はいつも以上の反応を示し、両国は演習場所を敏感な黄海から東海に移したと報じた。また米空母は、黄海での演習に参加しないことを承諾している。台湾『聯合報』は台湾大学の楊永明教授の分析を引用し、対立と交渉の後、将来的に戦争するかは別として、解放軍は黄海に「米空母進入禁止」の境界線を引いたことを伝えた。中国社会科学院米国所米国政治研究室の倪峰主任は、『環球時報』に対し次のように話す。中国に対する態度から、米国が気をもんでおり、非常に慎重であることがわかる。自分の考えだけに従って進めれば中米の戦略的な相互信頼に影響が及ぶ。そのほか、朝鮮問題への対処で、米国は中国の力を借りる必要があり、米国がこれを考えないわけがない。

 さらに米韓は8月16日から26日まで、共同軍事演習「ウルチ・フリーダム・ガーディアン(UFG)」を実施することになっている。国防大学の李大光博士は、「今回の軍事演習は米韓の一連の演習のスタートに過ぎない。米軍は中国を威嚇しないことを表明しているが、引き続き警戒が必要である。演習が次の段階に入るに伴い、中米のこの地域での争いも徐々に始まるだろう」と述べた。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2010年7月27日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古