2010年7月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:28 Jul 27 2010

朝鮮「新たな先進的方法で核抑止力を強化」

 朝鮮の金永春人民武力相(国防委員会副委員長)は26日に平壌で「日増しに増大する米国の核の脅威を前に、新たな先進的方法で核抑止力をさらに強化する」と表明した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 朝鮮中央通信によると、金氏は同日、平壌体育館で行われた祖国解放戦争(朝鮮戦争)勝利57周年慶祝中央報告大会で「朝鮮人民は祖国解放戦争に勝利することで、祖国と革命の勝利の果実を守り、新たな世界大戦の挑発という米帝の陰謀を粉砕し、人類の安全と平和を守った」と述べた。

 金氏はまた「新たな先進的方法で核抑止力をさらに強化することは、朝鮮人民の正当な自主的権利であり、わが軍隊が敵に対処する情け容赦ないやり方でもある」「米韓がわれわれの度重なる警告を顧みず、新たな侵略戦争を挑発するのなら、われわれは自衛的核抑止力を含む全ての軍事的潜在力を使用し、侵略者とその巣窟を全て消滅させ、戦争の禍根を根本から取り除く」と表明した。

 朝鮮は「朝鮮戦争休戦協定」締結日の1953年7月27日を「祖国解放戦争戦勝日」と呼んでいる。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年7月27日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古