2010年8月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:38 Aug 05 2010

日本の政界に中国の体制を称賛しうらやむ声

 日本で発行されている中国語紙「中文導報」は3日「日本の政界に中国の体制をうらやむ声が上がる」との記事を掲載した。記事は「最近、日本社会は日本式の民主政治と選挙制度の裏にある落とし穴について考え直している。これと同時に、政官財各界の有識者は図らずして一斉に視線を中国に注ぎ、中国の体制を称賛しうらやむ声が上がっている。これは体制面で中国と参考にし合いたいという日本の願望の現われだ」としている。記事の概要は以下の通り。

 8月2日、衆参両院が大きなねじれ状態にある中、臨時国会が開幕した。7月の参議院選挙で与党・民主党が大敗したことで、日本の政治は「ねじれ国会」の窮地に陥った。不安定な政治に足を引っ張られ、日本の経済と社会は「失われた20年」から抜け出せないままでいる。

 それと比べ、中国は30年余りの改革開放と安定した発展を経て、経済力ではすでに日本と肩を並べるまでになった。中国人民銀行(中央銀行)の易綱副総裁(国家外国為替管理局局長)は先日、「中国はすでに日本を抜いて世界第2の経済大国になった」と明言した。この過程で経済成長を支え、保障したのは、安定した政治構造、制度化された人材育成システム、活力に満ちた地方分権だ。

 最近、日本社会は日本式の民主政治と選挙制度の裏にある落とし穴について考え直している。これと同時に、政官財各界の有識者は図らずして一斉に視線を中国に注ぎ、中国の体制を称賛しうらやむ声が上がっている。これは混乱した日本政治と厳格な行政指導が人々に与えた焦りや無力感の現われであると同時に、体制面で中国と参考にし合いたいという日本の願望の現われでもある。

[1] [2]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古