2010年8月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:41 Aug 09 2010

国力をもって警告・反撃してこそ米国に尊重される

 文=戴旭・中華エネルギー基金委員会戦略アナリスト

 国の歴史から見て、米国が絶えず戦争をし、相手を探すのは実は、その社会発展の正常な状態なのである。戦争がなければ、米国の経済は刺激を失ってしまう。相手がいなければ、米国は国民全体の意志を凝結することはできない。米国はすでにこのような戦争という帰らざる道を歩み出しているのである。

 米国は今回、黄海で軍事演習を連続して10回行い、また南中国海をめぐる問題に介入するとも宣言しており、卑近の角度から見れば、中国を直接威嚇するとともに、米日韓とオーストラリア、インド、東南アジア諸国連合(ASEAN)で構成する「アジアの北太平洋条約機構(NATO)」の設立を試みようとしている。このように、米国は今後、世界で2つのNATOを有することになる。2つのNATOは当然、世界の帝国になる準備のためだが、当面まず威嚇するのはむしろ中国である。

 中国は世界の富の中心になりつつあり、中国を戦略的重点にすることで、中国経済の発展による利益をさらに多く享受することができる。次に、軍事力が相対的に劣る中国は、発展することがやはり当面の急務だが、客観的に米国の世界覇権に挑戦する力を備えていない、とは考えない。米国の戦略的接近に対処するため、一般的に中国が強硬に対決するやり方を取ることはあり得ず、客観的に見て、米国が冒す国際政治上のリスクはかなり小さい。

 だが、中国は世界の舞台を歩んで米国と肩を並べて立つ大国になろうとしているため、常にこのように米国の接近に耐えることはあり得ない。中国が米国の接近を防ぐには、中国を取り囲もうとする米国の行動に明確なレッドラインを引く必要がある。米国が中国の領土や領海の主権にかかわることを許してはならず、中国の民族の団結と地域の調和などにかかわる問題では、休むことなく硬軟両面から「脅迫」して中国をおとしめようとしており、米国が中国の周辺国と中国の利益を害する行動に出ることも許してはならない。米国は中国の安全問題に対する関心を尊重すべきだ。

 中国は米国の敵側を理由に米国の安全を威嚇したことはない。米国にも勝手気ままに幾度も中国の安全を害するいかなる権利もない。敢えて中国を威嚇しようとする勢力や集団に対しては、国力をもって警告、反撃すべきである。中国が責任を担う大国になるには、まず自らの尊厳が必要だ。

 もちろん、最低ラインを引くことは必ずしも直接的な宣言を意味せず、実際行動をもって暗示することもできる。当時、新中国は義を見て引けずとの立場から、周辺国の反米戦争を支持し、米国に中国が容認する最低ラインを知らしめたことで冷戦時代、双方の対決は避けられた。

 仮に米国がグローバル戦略の重点を調整すれば、中国も米国を見直すべきだ。中国は平和を愛する国であり、同時に自らの国の利益を擁護する姿勢が最も確固とした国でもある。外交というビロードのグローブには、実力を備えた鉄の手のひらが隠されていなければならない。こうしたやり方は対立を直接もたらすかに見えても、実はむしろ衝突を避けるための最も簡便なやり方なのである。米国はこうした相手を尊重するからだ。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2010年8月8日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古