2010年8月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:41 Aug 11 2010

広島被爆65周年 香港紙:「日本が米国の影から抜け出すのは難しい」

 香港紙『文匯報』はこのほど、「広島被爆65周年の平和祈念式典に駐日米大使が初めて出席し、表面上はオバマ大統領の『核兵器のない世界』を目指す決意を示したが、実際は、米国はダブルスタンダードを貫いており、これを機に道徳面で優位に立ちたいためである。なかでも特に微妙なのは日米の関係だ。日本は始終、米国の影から抜け出せずにいる」と報じた。記事の概要は以下の通り。

 米大使が初めて出席

 広島市は6日、被爆65周年の平和祈念式典を挙行した。原爆を投下した米国は初めて駐日大使を出席させ、日本政府から歓迎された。外部はこれを、オバマ大統領が任期中に広島を訪問する道をつけたと見ているが、広島に原爆を投下した爆撃機の元機長ポール・ティベッツ氏の息子、ジーン・ティベッツ氏は、「無言の謝罪」に等しいと不満をあらわにした。

 同じく国連事務総長として初めて出席した潘基文氏は、「人類はいまだ核兵器の陰におびえながら暮らしている。国際社会は非核化の夢を実現するために努力し、大国は核軍縮の問題でリーダーシップを発揮しなければならない」と強調した。

 ルース駐日米大使は式典の間、硬い表情を崩さず、メディアの質問にも答えずに、式典が終わると1時間もしないうちに新幹線で広島を離れた。

 広島市の秋葉忠利市長は、「日本は非核三原則の法制化と米国の「核の傘」からの離脱を実現しなければならない」と訴えた。これに対し菅直人首相は記者会見で、「不透明、不確実な要素が依然として存在するため、日本は引き続き核抑止力を保持する必要がある」と述べた。

[1] [2] [3]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古