2010年8月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:11 Aug 16 2010

日本内閣、靖国神社参拝を初めて全閣僚が拒絶

菅直人首相、不戦の誓いを新たに

 日本の敗戦から今年で65周年になる。年に1度の「全国戦没者追悼式」が15日、東京の武道館で行われた。菅直人首相と衆参両院議長以下約1800人の政府関係者、および戦没者の遺族5400人が参列した。明仁天皇、美智子皇后も慣例に従い参列した。「京華時報」が伝えた。

 菅首相は式辞で「戦争時、われわれは多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に多大の損害と苦痛を与えた。これを深く反省するとともに、犠牲者とその遺族に哀悼の意を表す」「われわれは不戦の誓いを新たにする。世界の恒久平和の確立に努め、決して戦争の過ちを再び犯さないことを約束する」と述べた。

 菅首相の式辞に続き、全参列者が1分間の黙祷を捧げた。

 明仁天皇は式辞で「歴史を顧み、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、全国民と共に、戦火に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表す」と述べた。

 ■内閣、靖国神社参拝を拒絶

 これに先立ち菅首相と閣僚は、A級戦犯の祀られる靖国神社を8月15日に参拝しない方針を表明した。日本メデイアによると、全閣僚が靖国神社を「欠席」するのは1985年以降初めてだ。

 日本政治ウォッチャーは、「拝鬼」しないとの菅内閣の決定について、前自民党政権との違いが鮮明で、民主党政権発足時に唱えた「歴史和解」の理念に合致すると指摘する。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年8月16日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古