2010年8月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:11 Aug 17 2010

欧州の極右政党党首が東京で「拝鬼」したことに批判の声

 フランス国民戦線のルペン党首率いる欧州の極右政党の代表が14日、日本の靖国神社を参拝した。一行は日本による侵略の歴史を美化する「遊就館」も見学した。ルペン氏らは日本の極右団体「一水会」の招待で12日から東京に滞在し、極右政党フォーラムに出席。東西の極右勢力が手を組む「茶番劇」を演じた。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 英国の極右政党英国国民党のアダム・ウォーカー代表による「拝鬼」には、一層疑問の声が上がっている。第2次世界大戦中、日本は東南アジア攻略後、英国やオランダなど欧州諸国の軍人を大勢捕虜にした。多くの英軍人が捕虜収容所で虐待され、苦しめられ、虐殺までされた。

 ウォーカー氏は参拝後、APテレビジョン・ニュースの取材に、「参拝は戦死者に敬意を表するためだ。彼らは国のために命を捧げた英雄だ」と述べた。

 しかし、英国内ではすぐに参拝に抗議する声が上がった。英国の民間反ファシズム組織「サーチライト」のスポークスマンは共同通信の取材に「英国国民党は選挙時、第2次大戦の英雄・チャーチル元首相を旗印に掲げ、英国で『最も愛国的な』政党を自称していたが、今や侵略や大虐殺の歴史を否認する者と並んで立っている。英国国民党の『偽善性』が一挙に明らかになった」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年8月17日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古