2010年8月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:19 Aug 19 2010

冷静な目で韓米軍事演習を注視

 韓米の定例合同軍事演習「 乙支 ( ウルチ ) フリーダム・ガーディアン」が16日に始まった。最近の一連の合同軍事演習の重要な一部で、米軍の参加人数は以前の3倍だ。米国防総省はこれに先立ち、黄海での軍事演習への空母ジョージ・ワシントンの派遣も発表した。(文:袁鵬・中国現代国際関係研究院美国所所長、「人民日報海外版」のコラム「望海楼」より)

 表面的には、米国の動きは「天安」事件に対するある種強硬なリアクションだ。最近の南中国海問題における姿勢と結びつけると、次第にアップグレードするその行動はすでに「リアクション」としての性格を超え、実力誇示の戦略的意図を備えるにいたっている。

 米国から見ると、アジア太平洋地域での主導的地位や西太平洋地域での海上覇権は近年明らかに衰え、同盟国の日韓は離反傾向を強め、朝鮮は後戻りのできない核保有の道を歩んでいる。「ASEANプラス1」「ASEANプラス3」の協力体制が強化され、中国・ASEAN自由貿易圏が構築され、中日韓自由貿易圏も着実に進んでいる。地域の一体化に米国はかつてない疎外感を覚え、戦略的緊迫感をも抱くにいたっている。米国が特に懸念しているのは、中国が強い勢いで発展し、アジア太平洋地域への影響力を急速に高めていることから、アジア太平洋から自国がひっそりと押し出される可能性があることだ。

[1] [2] [3]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古