2010年8月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:46 Aug 25 2010

日本首相「日米同盟を政策基軸に両国関係を深化」

 日本の菅直人首相は24日、ウィラード米太平洋軍司令官と会談した。菅首相は「今年は『日米安保条約』改定50周年の重要な年だ。日米同盟を政策基軸に両国関係を深めていく」と表明した。ウィラード司令官は「日米同盟関係は現在極めて良好だ」と応じた。

 岡田克也外相も同日、ウィラード司令官と外務省で会談した。普天間飛行場移設問題について岡田外相は「日米合意に基づき、沖縄の理解を得ると同時に前進させていく」と表明した。

 ウィラード司令官は同日の記者会見で、在沖縄海兵隊のグアム移転問題について「約束を守るよう努力することが重要だ。2014年までに海兵隊とその家族をグアムに移す計画は非常に楽観的で、両国政府の努力を必要とする。米日合意は両国民の望みに配慮したものだ」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年8月25日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古