2010年8月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:33 Aug 27 2010

中日韓の一体化にはまだ長い道のり

 中日韓は近年、日増しに緊密化する経済貿易協力に加え、文化・歴史・伝統の深いつながりもあって、対話・協力を強化し続けている。1999年にASEANプラス3(中日韓)の枠内での協力を始めて以来、東アジア地域の全局を左右するこの3カ国は、経済・政治分野の協力枠組みの刷新を続けてきた。「世界新聞報」が伝えた。

 08年12月、日本の福岡県でASEANの枠組みから独立した初の中日韓首脳会議が行われた。09年、新たに登場した日本の民主党政権は「アジアの国」としての日本を強調し、中国や韓国との関係強化に努めると表明した。中日韓の対話・協力枠組みは政治・経済・文化協力分野で少なからず実際の成果を上げている。特に言及すべきは、共通して抱える重大な地域・国際問題への対応における協力が、すでに中日韓関係の新たな目玉となっていることだ。たとえば中日韓とASEANは当初規模7億ドルの地域信用保証機構を設立して、現地通貨建て債権の発行を促す方針だ。

 経済的には共存共栄の関係にあるが、日韓が中国に対して依然根深い警戒心を持っていることにも目を向けなければならない。特に日本は常に中国の軍事的脅威を強く警戒し、中国の台頭を抑えこもうとしている。このほか米国も東アジア統合のプロセス、中日韓関係に対して、避けることのできない深い影響力を持っている。こうした状況の下、中日韓が一体化へ向かうにはまだ長い道のりがあるといえよう。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年8月27日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古