2010年9月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:02 Sep 01 2010

第6回北京-東京フォーラムが開幕

テーマは「アジアの未来と中日の貢献」

 第6回北京-東京フォーラムが30日、東京で開幕した。戴秉国・国務委員が中国政府を代表して祝辞を寄せたほか、中国側は王晨・国務院新聞弁公室主任、李肇星・全国人民代表大会外事委員会主任委員、趙啓正・全国政協外事委員会主任、陳昊蘇・中国人民対外友好協会会長、程永華・駐日本中国大使、日本側は仙谷由人内閣官房長官、福田康夫元首相、加藤紘一日中友好協会会長らがスピーチした。フォーラムには政治、経済、学術、メディアなど両国各界から800人余りが参加している。

 フォーラムでは「アジアの未来と中日の貢献」をテーマに率直かつ誠意ある議論を交わし、中日両国が誤解や偏見を効果的に取り除き、理解や相互信頼を深めるための提言をまとめる。また、政治対話「アジア太平洋の未来と中日の政治の責任」、経済対話「アジア経済の一体化と持続可能な発展」、メディア対話「中日の相互理解とメディアの責任」、地方対話「地域の経済交流と挑戦」、安全保障対話「東アジアの安全保障と世界への貢献」の5つの分科会が設けられている。これまでのフォーラムと同様、政治分科会ではパネリストが日本の大学生からの質問にも答える。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年8月31日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古