2010年9月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:24 Sep 01 2010

深センから中国の対外関係を見る

 深センと中国の対外関係とにはつながりがあるのか?当然ある。深センの30年の発展は革新を求める中華民族の精神の体現であり、偉大な戦略的選択の体現であり、今日の中国と世界との関係に歴史的な変化をもたらしたものなのだ。(人民日報海外版のコラム「望海楼」より)

 深センの30年は中国の海外進出と対外関係を理解する上で極めて重要な意義を持つ。深センの戦略的選択への十分な理解なしに、将来の中国と世界の関係の行方を正確に把握することは困難だ。

 われわれはいつも深センは改革開放の窓口だと言う。この窓口を開けるには勇気が必要だったし、さらに高みに立ち、遠くまで見渡す必要があった。トウ小平氏は当時深センと上海で「世界が中国に与える機会は非常に少ない。今回、われわれは1つの機会を得た。この機会をしっかりと捉えなければ、子孫と国に対して申し訳ない」と述べた。

 機会とは、われわれが常に言う戦略的機会のことだ。30年前、深センは経済特区になった。当時米ソは覇権をめぐって激しく争っており、この国際環境は中国に貴重な発展の好機を与えた。中国の指導者はこの好機をしっかりと捉え、改革開放の第一歩を踏み出した。中国は2050年に世界の中等先進国の水準に達し、ほぼ現代化を達成するというのがトウ小平氏の構想だった。この目標を達成するためには、経済建設を中心に据え、改革開放と平和的発展を堅持しなければならない。そしてこれら全てが、比較的安定した戦略的好機の期間を必要とするのだ。

[1] [2] [3]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古