2010年9月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:24 Sep 01 2010

深センから中国の対外関係を見る (3)

 中国の国益の譲れぬ一線を越えようと企むやり方に対しては、われわれは警告を与えねばならない。これは中国の地位・安全・安定を守るために必須だ。だが対応の仕方は、道理があり、有益で、節度あるものであるべきだ。感情で動いてはならない。

 今日の中国はもはや、簡単に包囲される中国ではない。中国は門戸を開けて世界へ向かっており、世界に影響を与える新たな過程に入っている。そしてこの過程は、中国が能動的に戦略的好機の期間を創出する過程なのだ。矛先をかわし、対立を緩和する方法を見出すには、より柔軟な外交に加え、国家の目標に対して国民が明確な認識を持つことも必要だ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年8月31日

[1] [2] [3]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古