2010年9月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:03 Sep 01 2010

金正日訪中に複雑な心境の米日韓

不安を顕わにする西側

 朝鮮の最高指導者・金正日氏の「中国訪問」に、西側メディアは尋常でない不安を顕わにしている。人民日報系の国際情報紙「環球時報」が伝えた。

 「ニューヨーク・タイムズ」は28日、アナリストの話として「カーター元大統領の訪朝期間に金正日が中国訪問を選択したことは、経済・政治面での北京への依存度の深さを明らかにするものだ」と伝えた。

 「読売新聞」は29日、朝鮮の心中で「中米の重みが異なる」ことを示すものだと指摘。「カーター訪朝は悪い先例を作った」との批判の声が米国内にあることも伝えた。

 韓国紙「毎日経済」は29日付の社説で「朝中の蜜月関係によって朝鮮半島の緊張がさらに深まり、長期化することが懸念される。親密な朝中関係によって朝鮮が『急速に中国化し』、半島統一の費用が大幅に増加することが考えられる。従って韓米は朝鮮をひたすら死角へ追い込むよりも、水害関係の人道支援を行うなど意思疎通の機会を模索すべきだ」と指摘した。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古