2010年9月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:34 Sep 02 2010

米軍はイラクに何を残して去ったのか

 オバマ米大統領は現地時間8月31日夜、ホワイトハウスの大統領執務室「オーバル・オフィス」で、米軍のイラクでの「戦闘任務の終結」を正式に発表した。米軍は去ったが、アラブメディアはここ数日、戦争がイラクの人々にどのような傷跡を残したのかを問いただし続けている。

 「イラク戦争の意義とは何だったのか?」----。アラブメディアはこう指摘する。米国とその同盟国は、フセイン独裁政権を倒し、イラクの人々に自由をもたらしたと自慢し続けている。フセインは確かに失脚した。だが戦争によって少なくとも市民10万人が死亡し、20万人が負傷し、200万人が住む家をなくした。中産階級は完全に消失し、教育・医療システム、水道・電力などのインフラ施設はほぼ壊滅した。イラクは世界第2の石油埋蔵量を誇るのに、気温がしばしば摂氏50度にも達する夏に、人々は1日わずか4時間しか電力を供給されないのだ!

 「イラクを解放したのか、それともイラクを破壊したのか?」----。アラブメディアはこう問いただす。「解放」とはまさか、イラクを世界で最も孤児や未亡人の多い国にすることを指すのか?。「解放」とはまさか、イラクを世界で最も人権状況の劣る国の1つにすることを指すのか?「解放」とはまさか、イラクから科学者、思想家、医者を奪うことを指すのか?「解放」とはまさか、高い失業率、頻繁な断水や停電を指すのか?米国人は自らが適切だと思った時期にこの混乱した国を脱し、後にすることができるが、イラクの人々にとってここはたった1つのふるさとなのだ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年9月2日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古