2010年9月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:54 Sep 03 2010

8月--「日本のいちばん長い月」

 今年9月3日は中国人民抗日戦争と世界反ファシズム戦争の勝利65周年記念日だ。一方、日本では8月が最も熱い月であると同時に、歴史が議題に上ることも最も多い月だ。日本各界はこの月、戦争と平和について振り返り、考えることが多い。

 今年8月上旬に注目されたのは広島と長崎への原爆投下の日だ。今年話題になった人物として、広島の祈念式典に出席した国連の潘基文事務総長と米国のルース駐日大使の名が挙げられる。国連事務総長の出席も、駐日米国大使の出席も今回が初だった。前者は積極的な様子で、演説を行い、他の祈念活動にも参加した。後者は堅苦しい様子で、一言も発さぬまますぐに東京へ帰った。在日米国大使館は広島の祈念式典の後、声明を発表し、ルース大使の出席は第二次世界大戦の全ての死者に敬意を表すものだと説明した。

 当時原爆を投下したB-29爆撃機のポール・ティベッツ機長の息子はメディアの取材に「日本は真珠湾を爆撃した。われわれのは日本人を虐殺するためではなく、戦争を終結させるためだった。ルース大使の祈念式典出席は無言の謝罪だ」と述べた。「朝日新聞」は「実際、韓国と中国も『日本の自業自得』との見方だ。自分が加害者であることを忘れて、被害者の振りばかりするな、ということだ」との論説を掲載した。原爆関連でメディアに取り上げられた人物には、当時広島から長崎に避難して2回被爆した日本人や、自衛隊の高官や教官を歴任した人物で、8月上旬を特に選んで広島へ行き、核兵器の保有を鼓吹した日本人などがいる。

[1] [2] [3]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古