2010年9月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:01 Sep 06 2010

深セン経済特区設立30周年を祝い人民日報が社説

 「人民日報」は本日付で社説「科学的発展の新たな道をさらに突き進む」を掲載し、深センなど4つの経済特区の設立30周年を祝った。社説の概要は以下の通り。

 中国の改革開放の大きな幕が初めて開いた30年前、深セン、珠海、汕頭、厦門(アモイ)の4つの経済特区の設立により、改革開放と現代化建設の試験場が切り開かれ、激情に燃える起業の歳月が始まった。それから30年来、深センなどの経済特区は世界の工業化、都市化、現代化の発展の歴史における奇跡を創造し、全国の改革開放と現代化建設に歴史的な貢献を果たしてきた。

 深センなどの経済特区の実践により、中国の特色ある社会主義路線が中華民族の偉大な復興にとって必ず通らなければならない道、成功の道であることが十分に証明された。設立の日より経済特区は、改革開放と中国の特色ある社会主義のために先導して道を探る特殊な使命を担った。30年来、経済特区は一つ、また一つと厳しい試練に打ち勝ち、一つ、また一つと輝かしい成果を上げ、全国の他の地区の改革と発展に鮮やかな手本を示し、人々に中国の特色ある社会主義の盛んな活力を示した。

 深センなどの経済特区の実践により、改革開放があってこそ初めて中国の発展、社会主義の発展があることが十分に証明された。30年来、単一の改革から総合的・包括的改革へ、経済改革から政治・文化・社会など各分野の改革へと発展し、整った社会主義市場経済の体制と運営の仕組みを率先して確立したこと、対外開放の窓口を勇敢に開き、進んだ技術と管理ノウハウを率先して導入することから、大胆に海外に進出して世界中の市場と資源を利用するようになったことなど、改革開放の一つ一つが経済特区の発展に尽きせぬ原動力を注ぎこんだ。経済特区の30年の歴史的な激変は、改革開放のおかげだ。中国の現代化という船が波を割って前進するには、なお改革開放が不可欠だ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年9月6日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古