2010年9月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:23 Sep 07 2010

日本「新右翼」解剖

 日本の「新右翼」組織「一水会」は先月、欧州8カ国の右翼9政党のリーダーを会議と靖国神社参拝のため日本に招き、国際世論の注目を集めた。「一水会」の代表、木村三浩はこの行動の理由について「われわれはみな愛国者だ。いずれも米国の発動したイラク戦争および米国を中心に構築された戦後の国際システムに反対し、東京裁判は公正でなかったと考えている」と説明した。欧州右翼各党の訪日中の実質的内容のある最大の見せ場は、「一水会」と共にいわゆる「世界平和をもたらす愛国者の集い」を開き、移民の流入やグローバル化への反対などで一定の共通認識を得たことだ。米国に直言する場面も若干あった。

 日本「新右翼」の活動は最近非常に活発だ。彼らは民族の利益や国益のカードを持ち出し、反欧米色の濃い発言をするため、惑わされる人々もいる。実際のところ、歴史認識問題では、「新右翼」と街宣車でどこでも抗議活動をする「行動右翼」とに大きな違いはない。木村は南京大虐殺の死傷者数、さらには歴史的事実にまで懐疑の念を表明したことがある。また、「国のために死んだ」軍人でさえあれば靖国神社に祀られるべきだと考え、日本の発動した戦争の侵略性を完全に無視している。

 では、いわゆる「新右翼」の「新」は一体どこにあるのか?一部の日本右翼は、彼らには「右翼」よりも「皇翼」の呼称が相応しいと指摘する。つまり「尊皇」を顕著な特徴としているのだ。日本右翼は日本下層社会の一部の政治的訴えを反映し、「反体制」(反政府)、反欧米中心主義で、天皇主義、民族主義、アジア主義などを訴えることを「正統」としている。歴史的に見てもそうで、これは当時日本を軍国主義の道へ導いた思想基盤と緊密なつながりを持つ。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古