2010年9月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:50 Sep 09 2010

万博が長く衰えない秘密

 万博が長く衰えない秘密は、人類文明の進歩を促す使命を担っていることにある。上海万博はわれわれ中国人が初めて開催する万博だ。すでに半年間の会期の3分の2が過ぎた。人類文明の進歩を促すという万博の働きは、現在さまざまな面で顕在化している。(文:呉建民・博覧会国際事務局(BIE)名誉局長。人民日報海外版のコラム「望海楼」より)

 先日私は東京で「第6回北京-東京フォーラム」に出席した。フォーラムでは、多くの日本人が上海万博について賛美の口調で語っていた。彼らは日本館が大人気を博し、見学するのに数時間も並ばなければならないほどであることを特に喜んでいた。それでもみな見る価値があると思い、日本館の前には毎日数万人が列をなしている。日本館はトキの物語を前面に出している。トキは日本ではすでに絶滅したが、中国が日本に寄贈したひとつがいのトキが、今では200羽余りにまで増え、中日関係の美談となっている。トキの成育にはきれいな環境が必要なことから、人々は21世紀の都市が環境にやさしいものであるべきことを悟る。トキのような鳥類が生きていける環境なら、人類の生活はもっと良くなる。私は日本の青年とも対話したが、彼らも上海万博が好きで、中国での日本館人気を喜んでいた。上海万博によって中日2大民族はより近づき、相互理解も一層深まった。

 上海万博は中国の民衆にもはかり知れない影響を与えた。万博開催申請が承認された後、上海市は「万博のために何ができるか」をめぐる全市民大討論を行った。07年夏、私は上海テレビ局主催の「少年・児童万博スピーチ大会」に出席した。周可人という子は「万博のためにゴミを拾う」と言った。私はこの提案に注意を引かれた。物事に対する子どもの反応は、最も直接的で、最も真実であることが多いからだ。「どうしてゴミを拾うことを提案したの?」私は周くんに質問した。「毎日下校時に小道を通るのですが、その道は汚く、ゴミだらけです。下校時にこの道をきれいにしたいんです」。周くんの答えに、拍手が起こった。それから3年。周くんはもう中学2年生になった。周くんは自分の提案をそのまま実行した。なんと愛すべき子だろう!私は、似た例はほかにもたくさんあると信じている。民度の向上はほんの小さな事から始まる。上海万博は、どれほど多くの「小さな事」をもたらしたことだろう!

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古