2010年9月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:06 Sep 10 2010

日本、韓国との「寵愛競争」で一歩後退

 クリントン米国務長官は8日、ワシントンでの演説で「米国は韓国、日本、オーストラリアといった同盟国との絆を再確認し、中国およびインドとの関係を深めた」と述べ、アジア太平洋地域の同盟国を列挙する際、韓国を日本より前に置いた。

 米政府高官が演説で日本を韓国より後に「降格」させるのは極めて異例だ。日本政府関係者は「米軍普天間飛行場の移設問題などで冷えこんだ日米同盟の現状の反映」と指摘。日本政府は憂慮を深めている。

 クリントン長官は演説でオバマ外交の成果と未来の展望を概括。日本によるイランへの追加制裁の実施も称賛した。だがアジア太平洋地域については、対米関係を重視していると見られる韓国の李明博政権を高く評価し、韓国が対アフガン支援を強化したことを称賛した。

 日本政府内では、米国が中国を重視して日本をなおざりにすることへの憂慮が常にあるが、今後は韓国との関係でも同様の憂慮が生じることになりそうだ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年9月10日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古