2010年9月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:30 Sep 10 2010

日本の首相は再び代わるのか

 日本の与党民主党は14日に代表選挙を予定している。現首相の菅直人代表と小沢一郎前幹事長の一騎打ちだ。小沢氏が勝利すると、日本の首相はまた代わることになる。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 今年6月に在任9カ月で辞任した鳩山由紀夫前首相の後を引き継いだ菅首相もまだ在任3カ月。日本の首相がこのように頻繁に代わるのは、不適切な政権運営方式や高官のスキャンダルとも関係があるし、首相本人の与党党首としての任期とも関係がある。また、衆参両院の勢力図が異なることも要因だ。首相の任期の長短は、往々にしてその時々の経済状況や世論の影響も受ける。

 ■短命政権が多数

 第2次世界大戦後、日本には計30人余りの首相が誕生した。在任期間が比較的長かった政権には佐藤政権、吉田政権、小泉政権などがあり、7~5年。経済運営が良かったこと、強力な政敵がいなかったこと、深刻なスキャンダルがなかったことが長期政権を可能にした。

 だが戦後政権の多くは短命だ。最短は羽田政権の64日。ここ10年を見ても、森喜朗政権、安部政権、福田政権、麻生政権はいずれも1年前後。昨年9月に発足した鳩山政権は在任9カ月で辞任表明した。

 このため日本メディアは、首相の頻繁な交代を形容するのに「10年で9人の首相」という言葉を使うのが常だ。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古