2010年9月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:17 Sep 21 2010

中国漁船拿捕事件に米国の華人団体が抗議

 【特集】日本海上保安庁が中国漁船を拿捕する事件

 米ロサンゼルスで9日、様々な地域の大規模な華人青年団体が共同声明を発表し、釣魚島海域において日本が「中国漁船および乗組員を不法に拘留」したことに対し、強烈な抗議を表明した。団体らは声明の中で、日本側に直ちに乗組員および漁船を解放し、中国人乗組員の安全を確保するよう要求した。今回の行動には、台湾と香港の青年からなる一部の華人団体も参加した。「人民網」が伝えた。

 声明は、「中国は、釣魚島およびその付属の島嶼に対し、疑う余地の無い主権を有している。日本外務省が中国漁船の船長を拘留し、日本検察側に引き渡した行為は国際法のルールに背いているだけでなく、国際社会の秩序を乱し、海峡両岸の人々および、世界の華僑・華人の自尊心を傷つけた。国際社会はこれに対し、非難を与えるべきだ」と強調、さらに「全米の華僑青年らは団結し、これまで釣魚島保護の活動を行ってきた先輩たちの愛国精神を受け継ぎ、共同で中華民族の固有の領土を守り、民族の尊厳を守ろう」と呼びかけた。

 共同声明に参加した団体は、全美中華青年聯合会、美華国際青年商会、美国越柬寮華裔青年聯誼会、全球華裔青年促進中国和平統一大聯盟、美洲中華青年促進中国和平統一聯合会、北美深セン青年聯合総会、全美華裔青年新聞工作者聯誼会、美国南カリフォルニア州台湾青年金融協会、美国ロサンゼルス香港青年聯誼会など。(編集SN)

 「人民網日本語版」2010年9月13日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古