2010年9月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:58 Sep 16 2010

菅直人氏が首相続投 「1年で3人の首相」は回避

 日本の民主党は14日午後、臨時党代表大会を招集し、菅直人首相を党代表に再選した。これにより菅氏の首相続投が決まった。選挙後の記者会見で菅氏はニューヨークでの国連総会へ出発する9月22日より前に、内閣改造と党執行部の人事調整を行うと表明した。最大の焦点は小沢氏を要職に起用するかどうかだ。

 ■国民は再度の首相交代を望まず

 選挙期間中の各世論調査では、菅氏の続投支持が約7割を占めた。今回は普通選挙ではないものの、民意を大きく反映する結果となった。日本メディアは「安倍晋三内閣以来、首相が頻繁に交代している。菅氏の勝因は度重なる首相交代を望まない世論の消極的支持を獲得したことにある。また、小沢氏の『政治と金』の問題、検察審査会の議決待ちであることによる強い不信感も菅氏の勝利に一役買った。これにより政界は『1年で3人の首相』というみっともない事態を免れた」と指摘する。

 ■難題山積

 菅氏は当選後「挙党態勢で元気な日本を再建するため全力を尽くす」と表明した。小沢氏は「一兵卒として、民主党政権成功のためみなと一緒に努力したい」と述べた。現地メディアは、菅氏と小沢氏は選挙戦中、民主党が選挙後に分裂する可能性を共に否定したが、政権運営手法や経済政策を非難し合ったと指摘する。菅氏は選挙戦の前半で「脱小沢」に努める姿勢を示したが、後半戦では「全員参加」「挙党態勢」の実現に努めると表明した。党内の団結を維持できるか否かは、今後菅氏が小沢氏や小沢系の議員をどう扱うかにかかっている。

 経済面では、菅内閣は円高や株価低迷に直面している。吃緊の課題は具体的な景気刺激策を打ち出すことだ。菅氏は消費税率引き上げを含む抜本的な税制改革などの財政再建路線を堅持しており、巨額の財政支出を伴う昨年の総選挙時のマニフェストも修正する考えだ。だが修正箇所が多すぎると、「約束を破棄した」との批判も免れない。

 政府・与党は景気刺激の補正予算案を早急に可決するため、早ければ9月下旬にも臨時国会を召集する考えだ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年9月15日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古